ピアノの防音対策

ピアノの防音対策
ピアノの防音のキホン

楽器の防音対策方法は、使用する楽器にもよります。床などに直接振動が響かない楽器(ギターや笛など)は比較的対策をしやすいのですが、ドラムやピアノなど建物自体に振動が響いてしまう場合は、床を中心に相当な防音、防振対策が必要です。防音ルームなどできるだけ音源全体を囲むように対策をされるのが一番ですが、「それでも対策したい!」という方へのアドバイスをさせていただきます。

ピアノの音=空気音+固体音

ピアノの防音対策の場合、空気音(いわゆる音)と 固体音(打鍵音などの振動)のどちらの対策も必要です。

本来は音源を囲む形で対策するのが一番の防音方法であり、理想は防音ルームです。ですので、こちらでご紹介するのはあくまでも簡易防音とお考えください。

空気音は(フタを開けていない場合)、アップライトピアノの場合は背面に、グランドピアノの場合は下に響きやすくなっています。

固体音によってピアノの設置面であるが一番振動の影響を受け、天井と伝わっていきます。

これらを頭において、

空気音対策:壁に、
・吸音材(ロックウール・グラスウールなど)
  +
・遮音材(遮音シートや石膏ボード・複合板など)

固体音対策:床に、
・ゴム素材の遮音マットなどの防振材
(もしくは防振効果のあるカーペット)
  +
・遮音材

を基本に防音していきましょう。

施工例はこちら

施行例

何からはじめたらいいの?

まずは床と窓の対策から始めましょう。

フローリングのお部屋では、「静床ライト」と「P防振マット」での床対策がお勧めです。

畳のお部屋の場合は、「P防振マット」を畳の下に敷いてから、畳の上に「静床ライト」よりも通気性のよい1枚ものの防音カーペットサウンドクリエサウンドイデアなど)を使用するのが望ましいです。

音の反響を抑えるには?吸音

ピアノ吸音ボード」は、アップライトピアノの後ろにすっぽり入る、ピアリビング自社開発のピアノ専用吸音パネルです。アップライトピアノのサイズと配送・取り扱いのしやすさを考え、厚さ25mmのグラスウールボードを黒のガラスクロスで覆ったものを2分割のパネルに仕上げました。到着後にアップライトピアノのすぐ裏に差し込んでいただくだけで、壁への反響を軽減できます。音がクリアになる、というメリットもございます。

アップライトピアノの背部に差し込んで吸音するボード

また、吸音材(「eフェルト」等)をピアノの後ろに挟むのも効果的な方法です。

防音カーテン「コーズ」等)をピアノの横の壁に吊して開閉することで、音の響きを調整することも効果があります。

音の反響を抑えるには?吸音+遮音

弊社自慢の「ワンタッチ防音壁」をピアノ専用に仕上げた「ピアノ用防音パネル」も大変ご好評をいただいております。こちらは、高性能の遮音シート高密度グラスウール吸音材で挟み込み、グラスウール素材(ファインヴェールクロス)で包んだものです。吸音専門の「ピアノ吸音ボード」に対して、吸音+遮音の2つの機能を併せ持ちます。仕上げで使用している「ファインベール」は、本格音楽ホールでも使用されている上質のテキスチャーを持ち、お部屋にもしっくり馴染む高級感を演出します。

アップライトピアノの背部に差し込んで吸音+遮音するボード

振動を軽減するには?

ピアノインシュレーターを使うのが一般的ですが、それだけでは足元の対策のみにとどまります。さらに床周りの対策を強化したい場合には、ピアノの下部全体を「P防振マット」や「大建工業 防振ベース」で覆うように敷くと効果的です。

アップライトピアノの床対策に「大建工業 防振ベース」

簡易乾式二重床

グランドピアノやフルセットドラムなどの楽器の、より本格的な床防振対策をご検討でしたら、ピアリビング独自開発の「簡易乾式二重床」も大変お勧めです。多数のグランドピアノ奏者の皆様にご愛用いただいております。

グランドピアノの床対策におすすめの簡易乾式二重床

電話でのお問い合わせ