人気防音商品は365日発送しています!

1/31まで AmazonPayでのお支払いはAmazonギフト券のご利用がお得!

2022年1月31日まで、Amazon Payご利用の際にAmazonギフト券を使ってお支払いをした金額の1.5%をAmazonギフト券で還元いたします!(0.5%ギフト券還元プログラムと合わせて合計2%還元)
詳しくは、下記バナーをクリックしてご確認ください。
AmazonPayポイント還元キャンペーン

テレワークの防音

テレワークの防音

テレワーク人口が急増した昨今。 ピアリビングでも、テレワーク中の「音」の悩み についてのご相談が増加しました。 こちらのページでは、そのようなテレワークでの 防音対策についてご紹介します。

ピアリビングがおすすめする防音対策

1.床にカーペットやラグを敷く

床にカーペットやラグを敷く

フローリングだと、どうしてもお部屋内で発した音が 反響して音が大きく聞こえてしまいます。 そこで、このように床にカーペットやラグを敷くことで、 音の反響音を防ぐことができます。 その際、できるだけ毛足の長いものをおすすめします。

2.ノイズキャンセリング付きのイヤホンを利用

ノイズキャンセリング付きのイヤホンを利用

周りからの騒音が気になる場合、ノイズキャンセリング 機能付きのイヤホンがおすすめです。

ノイズキャンセリング付きのイヤホンは、ただの耳栓としての機能ではなくて、イヤホンが騒音を認知して、騒音と真逆のかたちの波を発生させてお互いを打ち消し あって音が消える仕組みとなっています。

3.カーテンでテレワークスペースをつくる

カーテンでテレワークスペースをつくる

つっぱりポールとカーテンを使ってテレワークスペースを作る方法になります。
こちらの写真ではつっぱりポール2セットとS字フック、3枚の防音カーテンを設置しています。
防音カーテンは話し声以上の音の軽減に効果的なので、仕事中の話し声が気になる方はお試しください。 詳しい設置方法は 過去の動画でご紹介しています。

4.デスク周りをパーテーションで囲う

デスク周りをパーテーションで囲う

デスク周りのみパーテーションを囲うことで、わずかではありますが話し声などの音を和らげてくれます。

折り畳みができるので、家やオフィスなど気軽に持ち運びが出来ます。

関連商品

5.吸音材で間仕切りをつくる

吸音材で間仕切りをつくる

吸音材とラブリコ、2×4材を利用して間仕切りをつくる 方法になります。こちらは総額5万円程度で対策することが出来ました。吸音材は密度80kg/m3の高密度のものを使用することで、 防音効果を高めることができます。

設置方法はラブリコ、2×4材を間を空けて2本たてて、間に吸音材を差し込むだけなので、とても簡単に設置できます。詳しい設置方法は過去にアップしている動画をご覧ください。

関連商品

6.簡易防音室を仕事スペースにする

簡易防音室を仕事スペースにする

ピアリビングの簡易防音室「おてがるーむ」を仕事スペースとして活用する方法もあります。 オンラインミーティング中に気になる話し声の防音や、 外や家庭内での音を軽減することができます。

関連商品

関連記事

ITEM CATEGORY

お問い合わせ

防音や商品、ご注文に関する
ご相談やお問い合わせは
コチラからお気軽にご連絡ください。

ご不明な点はございませんか?