~この記事は、 2021年2月26日 配信分のメールマガジン本文となります。
過去のさまざまな防音に関する情報を共有するため
本文そのままを再掲載しております。~

こんにちは。防音専門ピアリビングのはるきちです。

先日、KBCテレビの「シリタカ」と「アサデス」に出演させていただきました(о´∀`о)!!

テーマは、「テレワーク防音特集」と「上下階での騒音トラブル」について。

ピアリビング テレビ放送
ピアリビング テレビ放送2

今回のテレビ取材に伴って、こちらのメルマガではピアリビングがおすすめするテレワーク防音10選についてご紹介したいと思います(^^)

お話した内容はYoutube動画でもアップしています。よろしければご覧ください。

【おすすめベスト10】テレワークで試したい防音対策

テレワーク防音対策

今週のTopic

【おすすめベスト10】テレワークで試したい防音対策

~難易度1~

【対策1】床にカーペットやラグを敷く

テレワーク防音 床の防音

フローリングだと、どうしてもお部屋内で発した音が反響して音が大きく聞こえてしまいます。

そこで、このように床にカーペットやラグを敷くことで、音の反響音を防ぐことができます。この際、できるだけ毛足の長いものをおすすめします。

【対策2】ノイズキャンセリング付きのイヤホンを利用

騒音 イヤホン対策

私はAirpodsProを使用しているのですが、とても機能性が高くておすすめです。ノイズキャンセリング付きのイヤホンは、ただの耳栓としての機能ではなくて、イヤホンが騒音を認知して、騒音と真逆のかたちの波を発生させてお互いを打ち消しあって音が消える仕組みとなっています。

【対策3】zoom中のノイズを消すソフトを利用

Zoom 騒音対策

zoomをしている時の周りの騒音を消したいということであれば、 Krispというソフトがおすすめです。

こちらは有料のサービスになるんですが、最初だけ無料で使用できるようです。気になる方は一度お試しください。

~難易度2~

【対策4】カーテンでテレワークスペースをつくる

防音カーテンでテレワークスペース

つっぱりポールとカーテンを使ってテレワークスペースを作る方法になります。

こちらの写真ではつっぱりポール2セットとS字フック、3枚の防音カーテンを設置しています。防音カーテンは話し声以上の音の軽減に効果的なので、仕事中の話し声が気になる方はお試しください。

詳しい設置方法は 過去の動画 でご紹介しています。

【対策5】クローゼットやたんすをテレワークスペースにする

クローゼット・たんすをテレワークスペース

こちらは、クローゼットやたんすをテレワークスペースとして利用する方法になります。

ちなみにこの写真はピアリビングスタッフのものになるのですが、このようにパソコンのまわりにクッションを置くことで、話し声などの反響音対策に有効です。

【対策6】デスク周りをパーテーションで囲う

パーテションでデスク周りを囲む

デスク周りのみパーテーションを囲うことで、わずかではありますが話し声などの音を和らげてくれます。ちなみにこちらは、ピアリビングで販売しているパーテーションです。

折り畳みができるので、家やオフィスなど気軽に持ち運びが出来ます。

【対策7】パーテーションでテレワークスペースをつくる

パーテーションでテレワークスペース

 パーテーションに、ホームセンターで購入したウレタンクッションを貼り付けてテレワークスペースをつくるという方法になります。

先日、こちらの動画では折り畳みできるパーテーションにウレタンクッションを貼って、ブースをつくりました。

お隣のお部屋で音を出してブース内で計測したところ、男性の話し声は軽減されなかったのですが、女性の話し声については何を話しているのかわからないほどまで小さくなりました。

~難易度3~

【対策8】吸音材で間仕切りをつくる

吸音材で間仕切り

吸音材とラブリコ、2×4材を利用して間仕切りをつくる方法になります。こちらは総額5万円程度で対策することが出来ました。吸音材は密度80kg/m3の高密度のものを使用することで、防音効果を高めることができます。 設置方法はラブリコ、2×4材を間を空けて2本たてて、間に吸音材を差し込むだけなので、とても簡単に設置できます。 詳しい設置方法は過去にアップしている動画をご覧ください。

【対策9】防音ルームをテレワークスペースにする

防音ルームでテレワークスペース

こちらはピアリビングの商品になるのですが、「おてがるーむ」という防音ルームをテレワークスペースとして活用する方法も良いかと思います。

おてがるーむは、中低音域の音の軽減にも効果的な吸音材と遮音材を利用しています。

以前防音実験を行った際、話し声に関しては dBほど軽減され、お隣のお部屋で聞くと何を言っているのかわからないほどまで小さくなりました。

~難易度4~

【対策10】防音パネルで小部屋をつくる

防音パネルで小部屋を作成

2の方法よりもさらに防音効果を高めたい場合、防音材とラブリコ、2×4材を利用して、このように小部屋をつくる方法はとても効果的です。

この防音部屋は吸音材と遮音材を利用しており、音の種類にもよりますが20dB以上の軽減が見込めます。これまでご紹介した方法の中では最も防音効果の高い対策方法になります。

今回はテレワークで試したい防音対策を難易度別に10個ご紹介しました。

もし現在、テレワークの防音対策を検討されている方は、ぜひ参考にされてください。

*その他、商品や防音に関するお問い合わせも随時承っております!

LINE@

◎YouTubeの「ピアリビング公式チャンネル」では、毎週21時から防音豆知識や商品情報を配信中です♪

ピアリビング YouTube