簡単防音からプロの防音まで

壁の防音対策

壁の防音のキホン

壁の防音は「吸音材」と「遮音材」の組み合わせ、これがキホンです。

壁の防音のキホン

隣室への音漏れ対策

以前は「GL工法」といって石膏等と接着剤を混ぜて練ったものを団子状にして、コンクリート壁面に直接だんご状に点付けし、その上からプラスターボードなどを圧着する工法が大変多かったため、コンクリート壁とボードの間に空間が出来ることにより、音が太鼓のように共鳴(共振)して増幅され、上下階・隣接住戸間 の防音性能が低下して音がかえって響きやすくなってしまっていました。

そのため当時の建設物はどうしても壁からの音がよく響く構造になっている場合が多いです。床の次に多い音の問題になっています。

壁の対策は大がかりになりますので、まずは家具の配置を考えてみましょう。音の気になる壁面に家具をおいてしまうことで、音が気にならなくなる場合があります。

それでも気になる場合は家具と壁の隙間に吸音材を挟んでしまうのもアリですね。MGボードGCボードなどの吸音材を使います。

ワンタッチ防音壁

難易度 ★☆☆☆

図解

グラスウール(吸音材)で遮音シート(遮音材)をサンドしたオーダー製作商品となりますので、より効果的な鉛シートに変更することもできます。一番簡単な防音用のボードです。

吸音材+鉛シート

難易度 ★★★★

図解

MGボード(ロックウール吸音材)又はGCボード(グラスウール吸音材)+鉛シート(遮音材)

シートやボードの設置施工ができる方向けです。

鉛の効果は高いですが重いです。鉛は表面材としては使えないので技術・知識のある方向けです。

オーディオなどの反響音対策

部屋全体に音が反響する場合、壁2面ほど吸音効果のあるものを使うと、音がクリアになります。

ファインヴェールでの施工、GCボード、MGボード、ウレタン、ワンタッチ防音壁など吸音性のあるものを使います。

壁全体ではなくても、音の反響具合に合わせて一部に貼り付けるだけでも効果があります。

電話でのお問い合わせ