簡単防音からプロの防音まで

床の防音対策

床の防音のキホン

床の防音対策はまず防音カーペットから

フローリングの床はカーペット貼りの床の4倍音が響くというデータがあります。また、集合住宅での騒音問題で訴訟になり140万円の損害賠償請求をされたという例もあります。

普段の生活音はお互いのマナーの問題でもあります。迷惑をかけてもかけられても嫌ですよね。ピアリビングにも毎日音の問題でたくさんのご相談メールがきます。

ピアノを始めたら、子供さんが走り回りだす年齢になったら、新生活がスタートしたら防音対策しましょう。

床衝撃音について

集合住宅の騒音で問題となるのは床衝撃音です。

床衝撃音には軽いものが落ちたり、堅い靴で床を叩くときなどに発生する「軽量床衝撃音」と、子供が飛び跳ねたりして 起こる「重量床衝撃音」とがあります。

軽量床衝撃音はカーペットや畳など柔らかい床仕上げで対応できますが、重量床衝撃音に対しては床施工を工夫して、衝撃が躯体(柱等)に到達しないような、構造的な改善が必要となることを念頭においてください。

フローリングやクッションフロアの場合

まずは「静床ライト」

まずは簡単にできる対策、防音カーペット「静床ライト」を敷くことをおすすめします。

足音にも効果のある静床ライトは、通常の防音カーペットとどう違うのでしょうか? バッキン(振動を吸収する部分)をご覧ください。

断面図

バッキング部分が実は立体になっていますので、しっかり振動を吸収してくれます。

施工はタイルを置いていくだけ、家具があっても動かさずに床部分に敷くだけなので簡単です。

プラス遮音マットで効果大

図解

当店のオススメはなんと言っても静床ライトですが、それだけでは不安な場合は、ゴム製の遮音マット(サンラバーE10やP防振マット)+静床ライトをおすすめしています。

階下からの音対策

図解

遮音マット+静床ライト、遮音には重さが必要です。面密度の高いものほど効果があります。
*色うつりが気になる場合は養生シート等を挟んでください。

畳の場合

静床ライトや遮音マットは気密性があるので、湿気が多い場合通気をよくしないとカビの発生のおそれがあります。また畳の下は厚みをとれないので薄くて通気性の良いタイプのマットを畳の下に敷きます。

階下への音対策

図解

薄手のゴム製のマット(サンダムE-40又はP防振マット5mm)→畳→サウンドガードカーペットなど1枚ものの防音カーペット

*畳の振動は畳と下地の板がカツカツあたって階下に響く場合が多いのでゴム製のマットでかなり軽減できます。

階下からの音対策

図解

床下地→遮音マット→畳→サウンドガードカーペットなど1枚ものの防音カーペット

オーディオなどの重低音対策

オーディオなどの重低音の場合は、音が響くので振動対策が必要になります。
スピーカーの下にゴム製の遮音マット等をする、防音カーペットを部屋全体に敷きつめるのが理想です。
高音域に比べて音が響き易いので、窓、壁、隙間などはしっかり対策して下さい。

ペットの足音対策

防音タイルカーペット「静床ライト」をおすすめします。
タイルタイプなので、汚れた部分だけ洗濯、取り替えが簡単です。

部分敷きの場合、ずれることがありますので、吸着ピタットテープ等で固定することをおすすめします。

電話でのお問い合わせ