よくある質問

吸音材と遮音シートはどちらを先に壁に貼ればいいですか?

遮音シートは音を跳ね返す作用があるものですので、音源のある部屋の表面材として用いると部屋内の反響音が大きくなってしまい、不快な思いをされる可能性があります。音源のある部屋では表面に吸音材を設置する方がいいと思います。

また音を遮断するためには、重量のある材料が有効、とされています。遮音シートの厚さはせいぜい数ミリなので、この遮音シートの性能を活かすには、ある程度吸音材で音エネルギーを消失させてから音をぶつける方が効率がいいと思われます。

ですので、壁にはまず遮音シートを貼り、その上に吸音材を設置してください。施工の方法については『壁の防音 上級者編』を参考にされてください。

壁の防音 上級者編

よくある質問を見ても問題が解決しない場合はお問い合わせフォームからお問い合わせください。

壁の防音商品一覧

電話でのお問い合わせ