コンクリートの遮音性能って

遮音できるものは決まって堅いもの、重いものになります。

では一般的に住宅で使われているコンクリートは??

コンクリートの場合、遮音性は厚さ15cmのコンクリートで500ヘルツ(一般的な音の場合)約50dB(デジベル)もあります♪

50dBと聞いてもピンとこないと思いますが、通常の防音室で高性能なものでも40dBくらいなので、コンクリートってすごい遮音性なんですよね。

もちろん厚いほうが遮音性がありますがこの壁厚(重量)を2倍にしても透過損失(壁に入る音の強さと、壁を透過する音の強さを表したもの)は6デジベルほどしか増えません。

これを改善するには壁の間に空気層を挟んだ2重壁にすることで、さらに吸音材を入れた場合はさらに遮音性を増します^^

ただ防音のポイントは隙間をなくすことなので他の部分からの音の漏れをふせぐのが大事ですね^^


防音専門「ピアリビング」のfacebookページです♪

こちらで新鮮な防音商品など情報を流しています♪
よろしければ「いいね」ボタンを押していただけると嬉しいです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です