低音・中高音ともよく響く部屋の対策は

音楽を楽しむ時、気になる音・・・

低音、中高音を分けて吸音する方法があるが、簡単に全音域を軽減できる効果的な方法は何があるんでしょうか・・

いろんな方法はあるし、お金をかければそれなりに、いろいろできるのですけど

まず身近にできるところから始めましょう。

一番簡単で調整しやすいのは

「本棚」

もちろん大きいほうが吸音面積も大きくなるので効果が高くなります。

部屋のすみは音がたまりやすいので角に設置。

そして実はこの本の種類によって実はかわってきます。

音を吸音するのは実は本の隙間なので、週刊誌や漫画のように空気を含んだような作りの場合は中高音を吸収しやすくなり

びっしりならんだ辞典のようなものはほとんど隙間ができないので吸音があまりされません

中高音を吸収しやすいインテリアは、ベット・カーペットやラグ・布団・ジュータン・ソファー・カーテンなどになります。

低音の場合吸収するインテリアは少ないのですが、重くどっしりした洋服ダンスや整理ダンス、そしてカーテンやカーペットを重ねることで多少の吸音ができます。

また有孔ボードなども低音を軽減しやすいので、吸音材などと合わせて壁に使用するなどするのも効果的です。

低音を軽減するには重さで制振しますのでドアに重いものを貼るなども多少の響きを抑える事が可能です。

重低音などは建物を伝わって響くので実は縁をきってあげなければ周辺に響いてしまいます。

できるだけその振動するものの下に防振ゴムを使用したり、壁や床から離して使用することも大事なポイントになります。

あとはもちろん防音は隙間なく・・・これがとても大事です(*^_^*)

振動を軽減するにはゴムが大変よく、またピアリビングのP防振マットは屋外でも使用できる耐久性が高いゴムマットです

また通常販売されている練状のゴムと違い表面に油のコーティングはないので、床にそのまま使用しても床の塗料の変質の心配もありません

【P防振マット】
http://www.pialiving.com/material/piamat.html


防音専門「ピアリビング」のfacebookページです♪

こちらで新鮮な防音商品など情報を流しています♪
よろしければ「いいね」ボタンを押していただけると嬉しいです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です