乾燥している空気は音が響きやすいんです

音って空気を伝わって響いているんですよね。

あ、空気音はですね^^
たとえば声もだし鳥の鳴き声とか音楽もそうですね。
音楽の場合は固体電波音でもあるんですけど・・

乾燥が激しい時、オーディオルームで音の反響が大きく感じる場合あるんですよね。

昔、私が歌を本格的にやっている時代がありまして・・

その時、マイクテストをするとよくわかるんですけど

湿気が多い日は響きが減るので音が固いんです。

結構はっきりわかるんですよねヽ(゚Д゚;)ノ!!

そして乾燥が多いときはなんかエコーききすぎに感じたり・・・

天気なんて変わるし大掛かりなのはできないし・・

じゃ、店長の室水がそんな時の簡単な方法を教えますね^^

たとえばピアノでも楽器でもオーディオでもいいんですけど、壁面にカーテンをつけてしまうんです。

できれば2面あるほうが理想的で、音は壁の四隅にいくのでその近くになるくらいがいいですね^^

音の反響が気になる場合はそのカーテンをひらいて、逆に反響させたいときはカーテンを閉じるというのも

簡単に音の響きをかえることができます。

あ、あと大き目のクッションを使うのもアリだと思います(*´▽`*)

通常からお部屋の反響が気になる場合は、床に毛足の長いラグを使う、ブラインドだとしたらカーテンにしてしまう。

ソファーを布製にしてしまうなど変えるだけで全然違います。

それでも難しい場合は壁の2面ほど吸音材を使用する方法もあります(*´▽`*)

まぁ・・本当は本棚にある本たちや、人が着ている服でも吸音はするんですけどね^^

「防音」となると結構おおがかりですが、

「吸音」ならさほどむずかしいこともありませんし安価でもできます^^♪

【防音カーテン コーズ】
http://www.pialiving.com/curtain/cause.html

ただ吸音のみでは音を「防音」ではなく反響音の軽減で音エネルギーが小さくなるのが目的です♪

より快音になると思うのでおすすめです~~♪

「防音」と「吸音」と「遮音」用途に合わせて上手にご使用くださいね~^^

わからないことがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ^^


防音専門「ピアリビング」のfacebookページです♪

こちらで新鮮な防音商品など情報を流しています♪
よろしければ「いいね」ボタンを押していただけると嬉しいです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です