遮音と吸音の違いは?

よく「遮音マット」とか「吸音材」とか「防音んカーテン」とか、最近ではほんと「遮音」「吸音」「防音」という言葉が本当に身近になってきましたね^^

じゃその違いってなに??

ほんと、これだけいろんな情報があふれると違いもいまいちわかりにくくなっています。

そうですね・・

音をたとえばボールに例えてみましょう。

音って見えないけど空気や建物などを伝わって響いているんですね。

「遮音」という状態はまさにそのまま音を遮断します。

ボールを壁にぶつけたとき、向こうにいかず跳ね返ってくるのを想像していただけるとわかると思いますが、音が壁にぶつかり、遮音をすることで音が跳ね返って室内では反響音でウァ~ンと響く感じになります。

では「吸音は?」

吸音はカーペットやカーテンや布団や布のソファーや繊維上で柔らかいものなどがよく吸音するのですが、壁にボールをぶつけたとき、壁にお布団があったらボールの勢いはぐんと吸収されて弱くなります。

つまりエネルギーをお布団のやわらかさで吸収したということになるんですよね。

なので「吸音」とは吸音することで音が小さくなります(あくまでも軽減です)。

つまり、適度に音を吸収して(吸音)、さらに漏れる音を遮音で止めると「防音」としての効果が発揮されます^^

なのでご自分で防音をしよう!!と思ったら、まず吸音して遮音するというのをちゃんとされると、音の軽減もかなりよくなると思います~

「音」ってほんといろんな音があって響きかたも違うので「防音」のポイントは、まず「遮音」と「吸音」をきちんと理解することがまず大事なのかもしれません(●^o^●)

これから年末にかけてさらに防汚対策が必要になりますね~~


防音専門「ピアリビング」のfacebookページです♪

こちらで新鮮な防音商品など情報を流しています♪
よろしければ「いいね」ボタンを押していただけると嬉しいです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です