皆さん、こんにちは。防音専門ピアリビングのはるかです。

いつも私は、お電話でお客様の騒音のお悩みに関してご相談をいただくのですが、中でも多いご相談が

「階下から、子供の足音がうるさいと苦情を言われて…」
「子供がいるんですが、階下の方から音がうるさいのか床をつつかれるんです」

といったものです。

子どもに「下の階の人に迷惑だから静かにしなさい!」と言ったところで、難しいですし、何より子供には叱ることなく、のびのびと育ってほしいですよね。

過去には、子供の足音で苦情を言われてどうしようもなくて、うつ病になってしまったり、お引越しされる方もいらっしゃいます。

そこで今回のブログでは、子供の足音で苦情を言われた時にオススメの商品たちをご紹介していきます。

1.ピアリビングで最も人気の組み合わせ!防音タイルカーペット「静床ライト」+防音マット「足音マット

 

71399e66

 

ピアリビング で、一番オススメの組み合わせです。敷き方はとても簡単!
床の上に、まずは足音マットを敷きます。足音マットは、5mmぐらいの厚さのフェルトのようなマット。ただ、これはフローリングの上だと、滑りやすいです。

そのため、フローリングの上に足音マットを敷く際は、
・足音マットを敷く前に、100均で販売されているような滑り止めシートを敷く
・足音マット同士を養生テープで繋ぎ合わせる。その後、四方に見切り材を設置して、ズレないようにする
のどちらかの対応が必要です。

足音マットを敷いたら、その上に静床ライトをのせていきます。足音マットは静床ライトの丁度2枚分の大きさなので、ぴったり合うのであまりカットの必要がありません。

 

2.値段は極力抑えて防音対策したい!防音タイルカーペット「静床ライト」+マット「ジョイントマット」

 

71853582

 

お子様の足音対策でジョイントマットを買っている方は非常に多いです。
ジョイントマットは柔らかくてクッション性があるので、防音性もあります。ただし、ジョイントマットは軽い分、どうしても単体だと防音対策には不十分なところがあります。

そこで登場するのが、静床ライト!静床ライトは一枚あたり1.5kgと重量があるので、ジョイントマットと組み合わせることで防音効果がアップします。

 

3.設置が簡単な防音カーペットが良い!防音ラグ「サンシンフォニー」+防音マット「足音マット

 

48aa8dd9

 

「タイルカーペットが苦手」
「出来るだけ軽いカーペットが良い」

そんな方にオススメしているのが、サンシンフォニー
こちらの商品は静床ライトに比べると軽いので、設置するのがとっても簡単です。

お値段も静床ライトより安いので、コスパもすごく良いんです。
ただし、サンシンフォニーは軽いので、静床ライトのように重量のあるカーペットに比べて、振動音は軽減しづらくなります。

そのため、もしもサンシンフォニーを敷く場合は、その下にP防振マット+足音マットの組み合わせで敷いた方が防音効果が高くなります。

 

4.廊下敷きにオススメ!防音タイルカーペット「ノンストレスカーペット」+防音マット「足音マット

 

13a5b5a4

 

防音カーペットを敷く際に、度々いただくご質問が、
「ドアの開閉部分には敷けないんですが、どうすれば良いですか?」
「廊下にも防音カーペットを敷きたいんですが、ドアがあるので厚みのあるカーペットは敷けないです…」
といったもの。

そうなんです。1番最初にご紹介した静床ライトと足音マットは2枚重ねると1.5cmほどになります。そこで登場するのがノンストレスカーペット。静床ライト+足音マットの組み合わせに比べるとノンストレスカーペット+足音マットは、厚みが1.3cmと少し薄くなります。

たった2mmと思われがちですが、たった2mmの差でドアが開けなくなることがあるので、廊下にはなるべく薄めのカーペットが良いかと思います。

それにノンストレスカーペットは、厚さ8mmなのに防音効果はΔLL(1)-6(旧呼称LL-35)と、防音カーペットでは最高ランクの商品なんです。

いかがでしたか?

階下の方から苦情を言われた時のオススメの防音商品をご紹介しました。
ぜひ、お客様のご希望に合わせて4つの中から検討してみてください(#^.^#)

ちなみに、最近本店サイトにてチャットボットを導入しました!
PC,SP共に右下にオレンジ色のアイコンがあるのでクリックしてみてください。
疑問点やご不安なことがあれば、私が対応します!!お気軽にお問合せくださいね(●^o^●)