みなさんこんにちは!
防音専門ピアリビングのキャサリンと申します(*´ω`*)

福岡は最近、寒くなったり暑くなったりと、よく分からない気温変化が起こっておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

台風の影響などは大丈夫でしたか?九州の方は、通過していないはずなのになぜか暴風がひどかったです。

 

実は私、今年の5月ごろまで1年間ほどカナダという北国に滞在していたんですが、先月久しぶりにカナダ在住の日本人の友達から電話がかかってきました。

「まだ9月なのに、初雪が降ったよ…。すでに気温は5度をきってるけど、それでも半袖のカナダ人強すぎ…。」

 

???( ゚Д゚)???

 

…初雪…(◎_◎;)?  …半袖?

オーマイゴッド。。。

9月に初雪って凄いですよね。そして半袖…。

現地の人の体感温度はいったいどうなっているんでしょうか。雪の子・風の子なんでしょうかね?

ちなみに、冬生まれなのに寒さに弱い私はもう一度カナダに戻って修行しなおすべきでしょうか…?(´・_・`)

 

◆壁の計測方法~簡易取り付け・防音パネル「ワンタッチ防音壁」~

 

と、そんな私事情はさておき、今回のメルマガでは ワンタッチ防音壁、いかに正しく計測するか 特集を行いたいと思います!\(^o^)/

 

ワンタッチ防音壁をご購入されるにあたって、サイズ測定を正確にして頂くことは、とても重要なんです。(◎-◎)ゞ

倉庫にいる凄腕のピアリビング製作スタッフは、少数精鋭で、いつもmm単位で正確に商品を製作してくださいます。

そのため、間違ったサイズでご注文を頂いてしまった場合、その違うサイズに合わせて製作してしまうため、配送後、設置の際に取り付けできない、なんてことが起こってしまいます…Σ(○□○;)

そして何より、ワンタッチ防音壁は、基本的に受注生産のオーダーメイド商品のため、大変申し訳ございませんが、返品を受け付けておりません。

そのため、ご注文の際には、サイズ測定は慎重に行って頂くようお願い申し上げます。m(__)m

それでは、出来る限り詳しく、壁の測り方に関してお伝えしていきたいと思います!

 

*用意するもの

*スケール(金属製のメジャー)<p>※ない場合は、やわらかいメージャーでもOKです。その場合、ズレやすくなるため要注意!

*脚立

*メモ帳

*筆記用具

 

*計測手順

※サイズ測定で正確に測るコツは、まず簡単な図面を書くことです!

※ずれを防ぐためにも、出来れば二人以上で計測してください。

まずはこちらの画像をご参照ください!

上の画像のように、書ける範囲でカンタンに図面を書いてみましょう。

図面の中には、壁に付属している巾木・柱・スイッチボックス・コンセント・配管やエアコンなど、余すところなく全部書き込んで頂くようお願い致します!

 

★ ここまでが準備段階です ★

いよいよサイズ測定です!

※サイズはmm単位で正確に記入してください。

 

①まずは、壁全体の横幅と高さを計測してください。(画像の中でいうと、外側の⇔2か所)

②次に、ワンタッチ防音壁自体を切り抜く必要がある、コンセントや電気スイッチの位置を正確に計測してください。(画像の中でいうと、壁内側の⇔8か所)

③巾木や板・柱・配管やエアコンなど、壁にでっぱりがある場合は、ワンタッチ防音壁の裏面を切り欠いて加工する必要があるため、その高さ・幅・奥行き・位置を出来るだけ正確に計測してください。

④以上で、ワンタッチ防音壁のサイズ測定は完了です!お疲れ様でした(*^-^*)

 

サイズ測定が終わってしまえば、あとは壁に合わせて、スタンダード仕様かプロ仕様か・商品の仕上げタイプ・カラー・固定部材を選択するだけです。

自動お見積もりツールを使うと、簡単にお見積もりが出来ちゃう上に、そのまま購入ページへ進むことが出来るので、ぜひご活用ください。

ワンタッチ防音壁に関して、ご不明点などございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください!

 

最後に…

 

カナダに滞在していた私は、とある現地人からこんなことを言われました。

 

「ヘイ!ここは世界で一番空気がピュアなんだぜ!」

 

思わずへーっとなった私。

確かにロッキーマウンテンのふもと近くは、環境を汚染するようなものって車ぐらいで、水も湖も山もとんでもなく美しかったです。

その時は、とりあえずめいっぱい深呼吸をして、空気おいしーーーー!なんて叫んでいたのですが、、、

先日、カナダからの友人の電話で衝撃の事実が。。。!

 

「Canada Rocky Mountain Fresh Air / $22」

 

???( ゚Д゚)???

 

私が働いてたホテル、最近ついに空気を売り始めたんですって。。。

いやいやいや。。。。

それでいいのかカナダ。それでいいのかバンフよ…。

まあでも確かに、ある意味お土産としてはネタになりそうですよね(;´∀`)

しかし、日本円で約2000円…

結構高い気が…、どうなのだろうか…。

ちなみに、私はちゃっかり友達にお土産依頼しときました(^^ゞ

みなさんも、もしカナダに遊びに行くことがあれば、ぜひ探してみてくださいね(笑)

ピアマガメールを最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

次回、おっきーの置き土産(ただダジャレが言いたくなっただけで、特に次回のメルマガとは何の関係もありません。)