~この記事は、2020年3月20日配信分のメールマガジン本文となります。
過去のさまざまな防音に関する情報を共有するため
本文そのままを再掲載しております。~

こんにちは!防音専門ピアリビングのはるきちです。
3月中旬にも関わらず、まだまだ冬のように寒いですね(*_*)

朝起き上がるのも一苦労です…(泣)

そういえば皆さん、趣味ってありますか?

私は昨年から料理をするのが好きで、平日はほとんど毎日作っています。

最近ハマっているのはチキンステーキ!お世話になっている料理研究家の方にレシピを教わったんですが、びっくりするほど簡単。

それなのに、皮がパリッと仕上がって本当に美味しいんです!

▼出来上がりはこんな感じ。

チキンステーキの上には、バター、塩コショウ、醤油、ガーリックパウダーを振っているのですが、もう絶品 

チキンステーキ

レシピを紹介すると、それでメルマガが終わってしまいそうなので(笑)辞めておきますが、 
今度どこかでご紹介したいと思います(^^;) 

今週のTopic

・防音カーテンって実際どうなの?効果がある音と効果がない音

防音カーテンって実際どうなの?効果がある音と効果がない音

突然ですが、お部屋の中で最も音が漏れやすい場所ってどこだと思いますか?

それは、「窓」と「ドア」です。

■「窓」と「ドア」が音が漏れやすい理由

窓とドアが音が漏れやすい理由は、主に2つです。

(1)壁に比べて厚みがないから

窓やドアは壁と比較すると厚みがありません。

壁の厚みは15cm程あるのに対して、ドアは7から7.5cm程、窓は0.2から0.8cm程しかありません。 

厚みがないと、どうしても防音効果は落ちてしまいます。 

(2)窓やドアは隙間ができやすいから

窓やドアは、お部屋の中でも隙間ができやすい場所になります。防音対策する上で隙間は大敵です!

隙間があるだけでそこから音が漏れて、防音効果はグッと落ちてしまいます。

■「防音カーテン」って実際、どうなの?

防音対策をする上で気になるのは、やはり防音効果だと思います。 

防音カーテンは扱いやすくて簡単に対策できますが、その分対策できる騒音の種類は限られてしまいます。 

〇効果的な音 
・赤ちゃんの泣き声 
・小型犬の鳴き声 
・ピアノの音色 

×効果が期待しづらい音 
・電車や車の音 
・工事音 
・ドラム音

防音カーテン対策できる音

比較すると分かる通り、防音カーテンは高音域の音には効果的ですが、低音域の音は軽減することが難しいです。

更に言えば、自分が発している音は比較的軽減しやすいですが、周りからの音は軽減することが難しいです。

防音対策する場合、音の発生源の近くで対策をした方が防音効果は高くなります。

一方で、音の発生源から遠い場所で対策を行っても、音は様々な場所に伝わって聞こえるため、 窓だけ対策をしても、他の場所から音が漏れてしまう可能性があるんです。

■ピアリビングで取り扱っている防音カーテン

ピアリビングで取り扱っている防音カーテンは以下の通りです。ざっくり特徴をお伝えします。

防音カーテンコーズ

防音カーテンコーズ

3枚の布を使用した5重構造の防音カーテン。 

表面の布は凸凹としており吸音効果があるのに対して、裏地は固い素材になっているため遮音効果があります。

防音カーテンコーズプラス

防音カーテンコーズプラス

防音カーテンコーズの左右がL字型になっており、左右からの隙間も防ぐことが出来る商品です。

隙間ができづらい分、防音カーテンコーズよりもやや効果は高くなります。

ドア用防音カーテンコーズ

ドア用防音カーテンコーズ

4枚の布を使用した6重構造の防音カーテン。 

実は、上の防音カーテンコーズの裏面に更に表面の布を追加した商品になります。 

そのため、ピアリビングで取り扱っているカーテンの中では最も防音効果の高いです。

ドア用と明記しているが、窓に取り付けても問題ありません。

ただし、ドア用防音カーテンコーズは通常のカーテンと比較して2から3倍近くの重量があるため、あらかじめカーテンレールの耐荷重は確認する必要があります。

サウンドガード

サウンドガード

防炎機能付きの防音カーテンなので、公共施設やオフィスなどでも使用可能。

防炎機能が必要であれば、サウンドガードがオススメです。

いかがでしょうか? 
防音カーテンは防音商品の中でもお手軽で扱いやすいのですが、その分軽減できる音は限られてしまいます。

そのため防音対策を行う場合は、「今どのような音で悩んでいるのか?」ということを整理した上で、適切な対策を行うことがとても重要になります。

*その他、商品や防音に関するお問い合わせも随時承っております(#^^#)

ピアリビングLINE

◎YouTubeの「ピアリビング公式チャンネル」にて、防音豆知識や商品情報を配信中です♪

ピアリビングYou Tube