皆さんこんにちは!防音専門ピアリビングのはるかです。いよいよ本格的な夏!!ということで、皆さんはどこかにお出かけされる予定はありますか?

お子様がいらっしゃる方は、お子様をどこか遊びに連れていったり、ご飯を作らないといけなかったり、大変な時期でしょうか…(;・∀・)

この時期はお子様が家の中で走り回ることが多く、騒音の問題も起こりやすいのではないかと思います…。

そこで今回は、お子様の足音の対策方法、間違った対策方法などについてご紹介していきます(*^^*)

賃貸で気になる子供の足音、対策している人は約9割

先日、お子様の足音に関するこんな記事を見つけました。

https://www.by-standard.jp/column/201812/11317/

お子様がいる家庭で「防音対策をしている」と回答された方は何と9割!そのうちの38%が防音マットを敷くという対策を実践しているそうです。

今やスタンダードになりつつある、お子様の足音対策。

だけど、実際どんな対策方法が良いの?と思われる方もいるのではないでしょうか”(-“”-)”

ジョイントマットだけでは音は軽減できない…

度々、お客様から防音のご相談をいただく際に、

「子供の足音対策でジョイントマットを敷いているんですが、下の階の方から苦情を言われてしまって…」

というお声をいただきます。・・・・・・

ジョイントマット

正直、ジョイントマットだけでは、音を軽減することは難しいです(;_:)ジョイントマットは、厚みがあって一見防音効果がありそうに見えるのですが…。

お子様の足音対策にはあまり効果がありません。

お子様の足音といった音は、大きな振動を伴います。振動音を軽減するためには、「厚み」と「重み」が非常に重要になります!!

ジョイントマットは厚みがあるものの、重量がないので、振動音を軽減することは難しいんです。

防音シートも足音の軽減は難しいです…

巷で見かける「防音シート」。これらを床に敷いて、その上にカーペットを敷く方がいますが、期待している程の効果が得られない可能性が高いです。

当店であれば、「サンダムCZ-12」や「鉛シート」という商品が該当します。多くの防音シートの特徴は「厚みがない」ということ。(サンダムCZ-12は厚みが1.2mm程です)さっき振動音の対策には、「厚み」と「重量」が大切とお伝えしましたが、防音シートには厚みがありません。床の防音対策は最低でも、5mmくらいの厚みは必要になるため、お子様の足音対策には適していません

cz12-05

お子様の足音対策に一番効果的な商品は何?

ここまでお子様の足音対策でよくある失敗についてお話しました。それでは、子供の足音対策には何が一番効果的なのでしょうか?

当店でオススメしているのは、この2つの商品です。

静床ライト」…ピアリビングで人気No.1の防音タイルカーペット。

https://www.pialiving.com/fs/pialiving/c/shizuyuka

DSC_4180

足音マット」…防音カーペットと併用して使用することで効果がアップする防音マット。

https://www.pialiving.com/fs/pialiving/c/asiotomatto

足音マット

【足音マットと静床ライトの敷き方】

まず、床の上に足音マットを敷きます。その上から静床ライトを重ねて置いておくだけでOK。

※そのまま敷くだけでは滑る可能性があるので、カーペットテープも一緒に使うことをオススメします。

↓①足音マットを敷いて…

足音マット

↓②こんな感じで、上から静床ライトを敷きます。

IMG_1283

完了!!!!!!

このように2枚組み合わせて敷くことで、お子様の足音といった振動音も軽減することが可能になります( *´艸`)

ちなみに、静床ライトはサイズが50cm×50cmなのに対して、足音マットは50cm×100cmなので、お部屋に合わせてカットしたり、といった作業があまり必要ありません。届いたその日に対策できるのは嬉しいですね(*^^*)

*************************

夏休みの時期、特に気になるお子様の足音。

近所の方から苦情を言われる前に、出来る範囲で良いので防音対策を行ってみてはいかがでしょうか( *´艸`)?

p.s.

こちらの動画▼でも、子供の足音対策についてご紹介しています。宜しければご覧ください(#^^#)