A1, 防音カーペットの下に振動を抑えるマットを重ねて使用するのがおススメです。

 下の階への足音対策の場合、何より、床に振動が出来るだけ伝わらないように対策をして頂くことが大切です。

特にフローリングの場合、歩いたり、走ったりした瞬間に床と足が接触することで振動が生まれるので、まずは振動の発生自体を出来るだけ抑えられるようなものを使ってみてください。

振動自体の発生を防ぎたい場合は、出来るだけクッション性や厚みがある低反発性のものを使っていただくと効果的です。

ピアリビング商品の中だと、サンシンフォニーノンストレスカーペットと合わせて、足音マットを重ねて設置して頂くことで、しっかりと階下への音を対策して頂けます。

 単体で使用するなら、裏面にクッション性がある「サンシンフォニー」や、表面のパイル層がしっかりと編み込まれている「ノンストレスカーペット」がオススメ。

 ただし、このようなカーペットは軽量で、「ドスン」という重低音を軽減するのは難しい場合があります。

その場合は、 静床ライトのような、振動を軽減するバッキング層がある防音カーペットの下に、床に音を伝えにくい「足音マット」のような柔らかい素材を敷くことで振動を抑える効果が高まります。

静床プレミアと足音マット

さらに、マッサージチェアや運動器具などを使用される場合は、「P防振マット」などの遮音性の高いマットを重ねていただくことで、より効果的に音漏れを防ぐことが出来ます。