ポリエステル繊維吸音材eフェルトガラスクロスを貼る工程をご紹介します。
ガラスクロスの色がわかりやすいように黒のガラスクロスを使用しています)

 

1.ガラスクロスを、eフェルトのサイズ(91cm×60.5cm)より周囲周囲8~10cmほどの余白ができるようにカットします。
※余白のガラスクロスは、巻き込むために必要です。

ガラスクロス貼り方1

 

2.eフェルト「コニシボンドスプレーのり」をまんべんなく吹きかけます。

ガラスクロス貼り方2

 

3.「コニシボンドスプレーのり」は、のり同士が接着して物を貼り合わせるので、ガラスクロスにもまんべんなく「コニシボンドスプレーのり」を吹きかけます。

ガラスクロス貼り方3

 

4.ガラスクロスにシワができないように平らなところで、eフェルト周囲8~10cmほどの余白ができるように置きます。

ガラスクロス貼り方4

 

ガラスクロス貼り方4-2

※8cmほどの紙があるとeフェルトを置く位置の目安になります。

 

5.ガラスクロスの余白部分とeフェルトの裏側周囲8~10cmほどの部分にも「コニシボンドスプレーのり」を吹きかけます。

 

ガラスクロス貼り方5

 

6.ガラスクロスの余白部分をeフェルトに巻き込みます。

ガラスクロス貼り方6

ガラスクロス貼り方6-2

※対面のガラスクロスの余白部分も同じように巻き込みます。

 

7.折り曲げたガラスクロスの不要部分をカットします。

ガラスクロス貼り方7-1

 

ガラスクロス貼り方7-2

※水平方向の余分なガラスクロスもカットします。

ガラスクロス貼り方7-3

※下面の角から斜めにガラスクロスをカットします。

ガラスクロス貼り方7-5

※斜めにカットしたガラスクロスを巻き込みます。(四隅同じ処理を行いましょう)

 

8.「コニシボンドスプレーのり」がついていない部分に「コニシボンドスプレーのり」を吹きかけます。

ガラスクロス貼り方8

 

9.残ったガラスクロスの余白部分を巻き込みます。

ガラスクロス貼り方9

ガラスクロス貼り方9-2

 

10.最後にガラスクロスのはみ出している部分を切り落とします。

ガラスクロス貼り方10

 

11.eフェルトガラスクロス貼りの完成です。

ガラスクロス貼り方11

ガラスクロス貼り方11-2

 

【注意事項】

「コニシボンドスプレーのり」を使用する場合は、のりが飛び散りますので室内での作業には向きません。
また、マスクを着用してご使用ください。

ガラスクロス「コニシボンドスプレーのり」が付いた場合は、布テープなど粘着力がある物でのりを叩くように押さえると取れやすいです。

ガラスクロス貼り方12