▶︎ 夏の防音特集はこちら!

▶︎ 防音効果が後付けできる、追い防音商品シリーズはこちら

せっかく高いお金を使って対策したはずの防音カーテン!効果がない…と後悔しないように。

ピアリビングでは、目的別効果的な使い方を推奨します!

防音カーテンの防音効果

音のマナー守れていますか?

騒音問題は、現在社会の中でも断トツで1位の大きな問題です。
可愛いペットや綺麗な音色の音楽でさえも、ご近所さんにとっては騒音と取られてしまいます。
あなたは音のマナーを守れていますか? あなたの出す音色は騒音になっていませんか?

防音カーテンで本当に防音できるの?

よく出る質問の一つです。
構造上または試験結果から見ると防音カーテンは普通のカーテンに比べて騒音を減らし、防音されます。
ただし、人それぞれの感じ方、また取り付けの方法、設置場所等の環境や条件による効果が異なってきます。
防音カーテンを使用して、音がほとんど気にならなくなったという方も、効果が得られなかったという方もいます。音の感じ方には個人差があるようです。

防音カーテンで本当に防音できるの?

防音カーテンの知っておくべlきポイント3つ

POINT1.ズバリ!重いこと!

壁にぶつかったボールが跳ね返り、また壁にぶつかってそのうちどんどん力が落ちてきますよね。でも、これが壁面に柔らかい布団があったらどうでしょう?
投げたボールが布団にあたるとぐんと力を落とします。音って実は圧力なんです!

遮音+吸音=防音

POINT2.音はスキマ対策が大事

カーテンはひだがあるタイプが一般的ですが、当然ひだの上に隙間ができます。その部分から「音」が逃げていく、または入ってきます。
だから、防音カーテンはひだがなくて、ぴたっとしたフラットタイプが良いのです。

カーテンのタイプ

POINT3.窓枠より大きな物を運ぶ

カーテンの場合は隙間がどれくらい防げるかがかなり重要になります。大きめの物を選んで、窓を覆うような形でご使用ください。
また、できるならカーテンレールの上の隙間を防ぐため、表面付けより天井付けのカーテンレールにされるほうが効果が高くなります。それが難しい場合はカーテンボックスを使用しましょう。

せっかく使うのにあちこちから漏れたら効果なんで全然感じられません。ホントに音が気になる方は、たとえ腰窓でも床まで長さがあるカーテンを使用される方がいいです!

防音カーテンのメリット・デメリット

お問い合わせ

防音や商品、ご注文に関する
ご相談やお問い合わせは
コチラからお気軽にご連絡ください。

ITEM CATEGORY

ご不明な点はございませんか?